有限会社 佐藤板金工業

〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条1丁目5-25
フリーダイヤル 0120-82-8017
TEL 011-851-3141
FAX 011-854-8815
E-mail info@yanepro.com

屋根のこと 戻る

屋根板金とは皆様方の大切な家屋と家族を日々過酷な状況下でも守っている役目をしています。
普段は屋根などはあまり見ないかもしれませんが、来る日も来る日も大切なご家族を雨や風、時には台風や大雪に耐え、力強く思われますが、その屋根にも寿命がきます。
寿命を延ばす方法としては塗装と防水メンテナンスがあります。塗装に関しては防水性能アップではなくサビ防止効果、美観、滑雪性能回復の効果があります。
防水メンテナンス&板金補修は防水性能の回復や板金の延命効果がありますので、塗装をするときは防水メンテナンスを含めると、より効果的です。
メンテナンスの基準・・ダクト屋根は毎年春と秋に樋の掃除をするのがお勧めです。
ダクト屋根の場合5年毎に防水メンテナンスをしておけば、かなり長持ちします(最大25年位で一般的には20年以下)その間に3〜4回塗装が必要です。
三角屋根で雪を落とすタイプの屋根のメンテナンス次期は築8年位からのスタートになります。
間隔は約8年毎(勾配の緩い屋根と複雑な屋根の形状は除く)で防水メンテナンスをしましょう。
その時は塗装もしておくと滑雪と美観が良くなりますのでお勧めします。

※1)新築時よりメンテナンス1回程度で15年前後で葺き替えのお客様が多いのが現状です。

※2)コスト面等を考えた上でわざとメンテナンス費用を抑えて一気に葺き替えしてしまうとトータルコストが下がるケースもあります。

屋根の種類

蟻掛葺き455

古くから使用されている、もっとも一般的な屋根材。
安値ではあるものの防水性は高くなく、雪がたまりやすく一気に落ちる、すが漏れなどが起き易い傾向にある。

フラットルーフ

陸屋根(平らな屋根)に使える屋根材。
はぜが高く(24ミリ)通し吊り子な為、水の溜まる場所でも使える非常に防水性の高い屋根材である。価格も高く、はぜ高と通し吊り子が邪魔をして端部(軒先、立ち上げ等)の処理が難しい。

平成ルーフ

蟻掛葺きとフラットルーフの欠点を補いつつ長所を生かした屋根材。
陸屋根でも防水性能が高く、すが漏れ※の心配はない。端部の加工性も良好、価格も中級クラスで当社の標準仕様に採用している。

※すが漏れ
軒先に張った氷が解けた水を塞き止め、水の圧力により屋根の繋ぎ目より水が浸透し漏水する現象。これをすが漏りと言う。

※すが漏れ対策
防水性能の高い屋根材を選ぶのは勿論、小屋裏からの暖気上がりも防ぐ必要がある。屋根断熱工法と小屋裏のブローイング等がある。葺き替えでは屋根断熱工法が最適。

プルーフ

21世紀の新しい防水屋根といわれる画期的な金属防水システム。
皮膜のかかった特殊鋼板の繋ぎ目を特殊なテープで熱融着で一体化し、抜群の防水性を実現。また特殊鋼板は耐候性、耐水性に優れ、北海道の厳しい機構条件に十分な耐性を見せる。更には高い耐食性、耐薬品性を有し、雨音等の騒音低減効果が期待できる当社推薦の工法。

横葺き230幅

現在勾配屋根やパラペットの部分に使われております。
三角屋根に多く使い、雪がサラサラと落ちます。
しかし、敷地の狭い所での勾配屋根には雪止めを付ける必要があります。
一般的に横葺には230巾と180巾があります。
新築10年保証製品です。

雪止金具

基本は屋根から落ちる雪を止める為の金具で横葺き屋根、縦葺き屋根等に合った形状の物が多種ある。
横葺用 :亜鉛鋼板のボルト2本締めが一般的、カラーもある
縦葺き用:亜鉛鋼板のワンタッチとボルト2本締めタイプが一般的、ボルト締めタイプはカラーもある。

日米式210s

雪止め機能が一体となった構造の屋根材。
一見、横葺き形状に見えるが実は雪止め効果が抜群に高く氷柱が出来にくい。
新築10年保証保証製品で、狭い敷地でも屋根の変化ができる利点がある。

スノーストッパールーフ

雪止め機能が一体となった構造の屋根材。
抜群の雪止め効果を誇る、勾配屋根でも雪が落ちない屋根材である。
しかし、漏水や大きい氷柱、一箇所に集中する雨だれなど問題点も多く見られる。

簡易ダクト工法

落雪屋根の軒先に三角のストッパーを取り付けて雪を完全に止める工法。
軒先にヒーターを多数入れて融雪、排水する仕組み。
落雪や雨だれを完全にストップするが、見映えが悪くヒーターの電気代が掛かるのが難点。

セキスイかわらS

住まいのセキスイが誇る北海道の為の先進の屋根材。
雪止め金具無しで高い落雪防止効果を実現。高い強度と耐久性を持ち、更には30年間の材料品質保証(耐腐食保証)や10年間の表面コート保証・工事保証・防水保証と充実の安心保証がついている。認定された施工士のみが施工可。

ご相談〜工事完成までの流れ(ダクト屋根断熱工法の場合)

1.ご相談
まずはお電話やお問合わせフォームより、お気軽にご相談ください。当社の施工事例や経験にもとづき、お話を進めて行きます。その際、建物の状況をお伝え頂くと、具体的にお話が進められます。
また、お見積りは無料となっております。お気軽にご相談下さい。
2.現地確認・調査
お見積りを作成するにあたり、営業担当が現地に伺い、修理箇所のチェック致します。その際に建物の図面等があれば正確なお見積りが出来ます。
3.お見積書の作成
修理内容とお客様のご意向を踏まえた上で、図面(平面図)もしくは現地調査の際に採寸した情報により、既存屋根の状況をチェックし最適な施工方法・屋根材を選択します。その後お見積書を作成致します。
お客様に納得してもらい工事契約書を交わし、いよいよ施工となります。
4.施工前確認、足場の設置
施工法によっては安全性のため足場を組む場合があります。
足場の設置にあたり障害物の確認を行います。また、近隣の住宅にご迷惑がかかる場合、当社の方でご挨拶をさせていただきます。
5.断熱材敷き
これは屋根断熱工法の必需品!断熱性能の落ちた小屋裏のグラスウールに代わって断熱材を敷きます。
板金の結露防止、すが漏れ防止、防音効果が得られ、更に既存鉄板を剥がすより経済的です。
6.谷桶施工&ルーフィング貼り
雨水排水設備である谷樋にはサビに強い不燃谷コイルで防水施工、その後、ルーフィング(屋根の下葺き防水紙)貼りを行います。
当社ではゴム系のルーフィングを推奨、ゴム系なので防水性能に長け、更には防音効果もあります。
※標準ではアスファルトルーフィング23kgカラーを使用します。
7.板金施工
無落雪屋根等の場合、当社は「平成ルーフ標準仕様」を推薦しています。旧来の「蟻掛葺き455」より防水性能の高い製品で、
教育を受けた職人による施工で高い完成度が魅力です。手作業によるハゼ締め施工で、防水効果を高めるのに欠かせない作業です。
8.完成
板金施工後、足場を撤去し完成です。工事完了後の検査はもちろんのこと、お客様の声を聞きながら担当者がしっかりとアフターケアをさせて頂きます。
Copyright © 有限会社 佐藤板金工業 All Rights Reseaved.